HOME >> ダンボール工場の一日 >> 人類発展とダンボール

人類発展とダンボール

人類発展とダンボールて

以前は、物を運ぶのに木箱が広く使われていました。

引越しの荷物も、りんごも大きな木箱に入れて、貨車で運んでいましたが、これがやがてダンボールへと替わってきました。

日本では明治時代に、ブリキに段をつけるロールにボール紙を通したものが作られ、一般に電球包み紙と呼ばれていました。

これは、紙をジグザグに折った三角形のもので弾力がありませんでした。

外国製品はわずかな量が日本に輸入され、当時、これをしわしわ紙、なまこ紙と呼んでいました。

井上貞治郎氏は、「馬喰町のレート化粧品などで使っていたドイツ製品は、波型紙をさらにもう一枚の紙にのりづけしてあり、しかも波の型が三角形でなく半円形で、弾力に富むものだった。」と記述しています。

このなまこ紙の国産化を考え、1909年(明治42年)に20坪ばかりの平屋を借り、ダンボール製造を始めました。

その後の試行錯誤を繰り返し今のようなダンボールになったと言われています。

「ダンボールの構造」

ダンボールは、表裏に貼る「ライナー」と段をつける「中しん」に 分けられます。

【ライナー】

・Kライナー(クラフトライナー)。

強度的にも優れており幅広い分野で使用されています。

1㎡当りの重さが180g・210g・280gの3種類あります。

グラム数が重いほど強く良い紙になります。

・耐水ライナー・撥水ライナー。

Kライナーの表面に耐水加工や撥水加工をした原紙で、おもに青果物(キャベツやレタスなどの野菜類)や果物の箱などに使われています。

・Cライナー(ジュートライナー)。

再生紙を多く含んだライナーで、強度的にはKライナーより落ちますが、価格的に安価で内装箱に多く使われています。

1㎡当りの重さ160gが一般的です。

・白ライナー。

KライナーやCライナーを晒したライナーになります。

贈答用や食品関係などで多く使用されています。

【中しん】

・ 一般中しん。

一般的に使用されている原紙で、1㎡当りの重さが120g・160g・180gの3種類があります。

グラム数が多くなるとダンボールが固くなります。

・ 強化中しん。

中しんを強化材などの薬品で固くし、強度を持たせた中しんになります。

1㎡当りの重さが180gと200gの2種類があります。

【ダンボールの仕組み】

ダンボールとは、波形に加工した紙に板紙を貼りあわせて作られています。

専門的には波形に加工した板紙を「中しん」と言い、貼りあわせる板紙を「ライナー」と呼びます。

【ダンボールの種類】

片面ダンボール:中しんの片面にライナーを貼り合わせたダンボール。

両面ダンボール:中しんの両面にライナーを貼り合わせたダンボール。

複両面ダンボール:両面ダンボールの片側に片面ダンボールを貼り合せたダンボール。

【ダンボールの厚み】

ダンボールを構成する厚みの種類

A段: みかん箱や青果物の箱など、一般的によく使用されています。

B段:小さい箱やギフト箱など、小さめの箱 によく使用されます。

W段(AB段・Wフルート): 大きな箱や重量物の梱包などによく使用されます。

その他にE段やF段などの厚みがうすいマイクロフルートと呼ばれる種類もあります。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います