HOME >> ダンボール工場の一日 >> 古物商に大切なダンボール

古物商に大切なダンボール

フリマやネットオークションで商品を仕入れるのに使うものはダンボールがメインになります。

フリマに出店する時にマイカーにのせて行くのは商品を満載にしたダンボールです。

フリマとは、フリーマーケットの略で使わなくなった物を販売する方法です。

中には掘り出し物もあるようです。

個人宅から出てるものや人から預かったものもあるので、何があるのかにも興味があります。

大型連休では各地でフリマが開催されるようです。

多くの人が来場し、会場はもっと安く!などの声援がとび、この値切る行為を楽しむのもフリマの醍醐味です。

ネットで行うのにオークションがあります。

オークションとは、一番高い金額で落札した人が栄光を勝ち取る、これは仲買業者がやっていたことをネットで展開したものです。

色々なものがオークションにかけられ土地たクルマなどもあります。

中にはコンサートチケットもあり、出品されている商品は様々です。

落札できれば、送られてくる商品はしっかりとクッション材が詰め込まれたダンボールが主流です。

小物類は郵便で送れるものもあるので、金額が安く買え、自宅にいながらオークションを楽しむこともできるので多くの人が参加しています。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います