HOME >> ダンボール工場の一日 >> 倉庫と名を付けた部屋

倉庫と名を付けた部屋

部屋を片付けるとなぜかダンボールが増えて行く人居ませんか?

そして、そのダンボールは日の目を見ない倉庫と呼ばれる部屋に押し込められてしまうのです。

その日から、そのダンボールに入ったものはお荷物と化してしまうのです。

これは、ぱっと見には片付け上手のように感じます。

しかし、逆を言えば捨てるのが下手な証拠です。

物持ちが良いとでも言いますね。

でも、引っ越す時が大変でしょう。

既にダンボールに入っているものはそのままトラックに積めば済むので意外に楽だったりします。

引っ越しをするとき、今ままで使っているものはダンボールに入れられて運ばれていきます。

その先では、面倒がって全てのダンボールを開けることもなく倉庫と呼ばれる部屋に行ってしまうのです。

これでは、倉庫のダンボールは増える一方です。

家賃に中にダンボールが住む場所代も入っているようで、お金がもったいないような気がします。

そんな時には思い切って全てのダンボールを開け、全て捨てる勇気も必要かもしれないです。

たぶん、ダンボールに入っている物たちは「いつか使うから」とっているもののように思うのです。

その「いつか」がくせ者で、たぶん一生使わないものだったりします。

もし、頻繁に使うものならダンボールから出しているはずです。

こんな経験あなたにもありませんか?


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います