HOME >> ダンボール工場の一日 >> 微調整できるダンボール

微調整できるダンボール

ダンボール工場では、ダンボールの進化のために日夜努力をしています。

その中で変わり物のダンボールを紹介しましょう。

ダンボールと言えば大きさが決まっていて商品や梱包したい商品によってダンボールの大きさを決めていました。

しかし、大量に商品を発送する会社では、大きさがバラバラのダンボールを仕入れておくのは経費がかかります。

また、大量に仕入れたダンボールが在庫になってしまったのでは、もったいないです。

そこで、1つのダンボール箱の高さを変えられれば、商品の大きさで小さくしたり大きくすることもできます。

それを可能にしたのが、高さを数段階に代えることが出来るダンボールです。

例えば、商品の高さが大きい場合、最大にして使用すればいいのです。

そして、中くらいの商品なら中段階でダンボールを折って使えるようにもできます。

また、小さい商品では、一番小さくたたんで使うことができるので、これで、ダンボールを3種類準備しなくても済みます。

高さが三段階に代えることができれば、このように経費を少なくて済みます。

1つのダンボールが変幻自在に形を変え、商品にあう大きさになることができれば、長期在庫に悩まされることがなくなります。

それにある程度商品の大きさが決まっていれば、このようなダンボールを使えばエコにもなります。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います