HOME >> ダンボール工場の一日 >> ダンボール未来都市

ダンボール未来都市

今や通販最大のお店になった誰でも知っている倉庫には、ダンボールが所狭しと並んでいます。

ネットで検索すれば、すぐ出て来るこの企業は、国内のいたるところに物流センターを完備しています。

注文があると、即座に物流センターに連絡が行き、そこから全国に向け発送されます。

その倉庫に一歩はいると、まるでジャングルのようにダンボールがそそり立っています。

そこで働く人と言えば、全てシステムマチックになっていて倉庫の大きさから言えば数人規模で倉庫内を監視しています。

様々な商品がある中、発送すうには全てダンボールに梱包されます。

商品の大きなによってダンボールを代えるのではなく、商品の数も多いため、ダンボールを統一し、小さい商品でも送られてくるのは、大きなダンボール箱です。

エコに反しているようでも実は、効率を考えたとき小さい商品にあうダンボールを探す手間が意外にかかるのです。

1日に発送されるダンボールの数はもの凄い数になっています。

商品に有ったダンボールを探す手間を考えた時、多少エコに反していても効率を優先してしまいます。

大企業になればなるほど、効率化はとても大切なことだと実感する倉庫です。

一般公開はしていないようですので、私たちが直接見ることはできませんが、物流を支えているダンボールは凄いです。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います