HOME >> ダンボール工場の一日 >> 生活にみるダンボール

生活にみるダンボール

生活にみるダンボール

食品ロスが多い日本の食生活。

まだ食べれる物までもが、ゴミとなり毎日捨てられています。

ダンボールのようにリサイクルが出来ればゴミ問題も解決出来ると思います。

一日あたり日本人の食品ロス量は1人あたり、約50gの食べ物を無駄にしていると言われています。

この食品ロス量が一番多いのは、「野菜類」で食品ロス量全体の約40%、次いで調理加工品、果実類となっています。

最近になり、良く耳にする言葉で食育が叫ばれていますが、そもそも食育とは、あなたが健康で、長生きして行けるように、食べ物に関して、正しい知識や判断力を身に付ける方法論です。

昔から日本人はよい心と体をつくるためには、食べ物が重要だって言う事が今になり再認識されるようになりました。

1人あたりの食事エネルギー供給量は、日本人1日あたりはおよそ2900キロカロリーあるのに、世界には、この3分の2しかない国が14カ国もあります。

人口の35%以上が栄養不足で苦しんでいる国は25カ国。

そんな中、家庭から出る生ごみを再利用して、堆肥や電気にしてしまう試みが行われています。

バクテリアが生ゴミを超減容化し循環型社会の構築と環境保全に貢献します。

コンポストは、環境への配慮を考えた全自動生ゴミ処理機で、15kg~1000kgの小型から大型機まであります。

コンポストは分解能力に優れたバクテリアを使用するにより分解効率を高め、残渣率を低く抑えることができます。

堆肥は有機物が単に腐った物体ではなく、堆肥を作る過程には微生物が複雑に作用されている。

堆肥1グラムには約200万の微生物が含まれ、何億もの微生物がお互いに食べたり食べられたりしながら複雑な生態系を作り上げている。

上手に積まれた堆肥は発酵する過程で雑草の種を枯らし、人間や野菜への病原菌をほとんど殺してしまう。

堆肥を作っている人は多いけれど、堆肥の質にも善し悪しがある。

質の高い堆肥を作ることは畑の他の問題を改善するから、農作業が随分ラクになる。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います