HOME >> ダンボール工場の一日 >> オーダーメイド

オーダーメイド

段ボールの発注をしたいと考える時、定番となっているメニューの中からちょうど良い段ボールを選ぶことができますが、もっと品物に合わせた段ボールを必要としている場合には、オーダーメイドで段ボールを作ることができます。

定番タイプの段ボールから少しだけ条件を変えて発注するセミオーダーでは、内容物に合わせて一部のサイズや厚みを変更したり、材質や色などを好みのタイプに替えたり、印刷を指定したりすることでわりと簡単に希望している段ボールに変化させることができます。

定番タイプの仕様から変えたい部分のみを変更するだけなので、選択式になっていることも多く、比較的分かりやすい方法で望み通りの段ボールを発注することが可能です。

フルオーダーメイドを希望する場合には、段ボールのメーカーに問い合わせ、希望条件を伝えながら見積もりを立ててもらいます。

段ボール箱の使用が一般的な配送なのか、保管用としての箱なのか、海外へ発送するためのものなのか、また冷蔵商品を入れるものなのかということによってまずは箱のタイプが違ってきます。

さらに箱に入れる品物が壊れ物や、生鮮食品、重量物などの場合には、箱の材質についても検討する必要があります。

希望する段ボール箱のサイズや厚み、カラーや形式などを選ぶところはセミオーダータイプと変わりはありません。

また、印刷を希望する時には、模様や文字などを指定しますが、データがある場合には、それを送る方がスムーズで間違いがありません。

セミオーダーやフルオーダーは希望がある程度かたまっていれば注文がしやすいのですが、どのように注文して良いか分からない場合、またもっと特殊な品物を梱包するための段ボールを希望している場合などは、直接相談しながら段ボールを注文することができます。

初めて段ボールを発注するので形式や名称などがよく分からない場合なども、段ボール会社のスタッフと相談しながら段ボールのタイプを決めていくことができるほうが安心です。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います