HOME >> ダンボール工場の一日 >> 古紙原料

古紙原料

段ボールを生産する時には、それまで使用されてきた段ボールを集めて次の新しい段ボール生産の原料としています。

家庭にある段ボールは地域の廃品回収などで、また学校単位などでまとめて古紙回収業者へと送られます。

まずは何よりも段ボールが回収されるところから始まるのがリサイクルの話になります。

回収されて集められた段ボールは紐でまとめられていたり、紙袋に入っていたりするほか、ガムテープや金属の留め具なども付いたままの状態です。

段ボールから留め具やガムテープなどを取り除いておくことによって、スムーズな再生が叶いますが、段ボールのリサイクル率が上がっても除去作業まではなかなか浸透しないのが現状のようです。

金属の留め具がそのままでは段ボールの再生原料とすることができませんので、金属探知機などで探して取り除きます。

ガムテープなどは貼られている数が多く、探知機で探し出すことができないことと、段ボールを溶かす時に取り除くことができるので、そのままの状態でまとめてプレス機にかけ、圧縮されます。

プレスされた段ボールの塊は、溶解設備でドロドロに溶解されますが、原料となる段ボールはきれいに溶け、残っていたガムテープなどは溶解後に別の機械にかけてきれいに取り除かれます。

また、古紙回収業者の所には、一般から集められた段ボール以外にも、段ボールの生産工場から段ボールの切れ端などが集めて送られています。

工場からきた段ボールは段ボールの原料として不純物が取り除かれて一度は成形されたものなので、そのまま新たな段ボールの原材料とすることができます。

こちらは金属の留め具や貼られたガムテープなどはない状態なので、溶解作業のみですぐに段ボールの原料として使用できるものになります。

段ボールのプレス作業までは古紙回収業者で、集めた段ボールを溶解する作業は製紙会社などで行われることになり、段ボールを成形できる原料となったものは、段ボールの生産工場へと運ばれていきます。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います