HOME >> ダンボール工場の一日 >> 現場での仕事

現場での仕事

段ボール工場の現場では、段ボールの生産に関わる工場内の機械の点検や保守、生産管理を全体的に行っています。

工場内の機械が順調に動いているかどうかがとても重要となりますので、現場担当者は定期的に工場内を巡回して、小さな異常でもすぐに気がつくようにしておかなければなりません。

もしも機械に異常を発見した時には、すぐに修理をすることが必要ですが、大きな故障などを起こさないように定期的なメンテナンスもしっかりしておかなければなりません。

また、機械の消耗部品については交換時期がくる前に適切な交換をして、機械をいつもベストな状態にしておくことが望まれます。

現場での機械の動きや状態にいつも気を配っているのが現場担当者だと言えますが、ただ現場を見回っていれば良いのではなく、ミーティングなどに出席して意見を述べるために情報を整理しておくことも必要です。

段ボールの生産に改善したほうが良い点がある時は参考になるデータなどを取得する必要がありますし、労働について問題がある時などは、機械だけではなく、工場で実際に段ボールの生産に関わっている人員管理も含めて相談に乗ったりすることも大切な仕事となります。

段ボールの生産計画通りに順調に生産が進んでいくように、生産管理のスケジュール調整を行うことも求められ、現場での段ボールの生産状況を見ながら、生産計画の見直しや追加などを検討しなければならない場合もあります。

段ボールの生産を進めていく上では、機械の調子やそれを扱う人員のモチベーションなどを維持することが大切ですが、機械や人を含めた工場全体の管理をして整えておくことは、安全に段ボールを生産していくことにつながります。

段ボールを扱う工場に限ったことではありませんが、工場での現場仕事では安全性は何よりも第一に約束されなければならず、そのために現場をきちんと知り、トラブルを未然に防ぐように行動することも、現場での大切な仕事です。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います