HOME >> ダンボール工場の一日 >> リサイクルフロー 2

リサイクルフロー 2

ダンボールはどのようにしてリサイクルされているのか、簡単にその流れを見てみましょう。

まず、様々な商品の包装や、引っ越しなどの配送、物流などで利用されたダンボールは、古紙回収業者によって集められます。

古紙回収業者に行き着くまでにはいくつものルートがあるでしょうが、たいていの場合は、ダンボールを利用したスーパーマーケットやその他の小売店、オフィスといった企業や、町内会や自治会、子供会、小中学校、地方自治体などが、廃品回収などを定期的に行い、他の古紙などと一緒に使用済みのダンボールを集めるよう、各家庭や企業に連絡をしています。

こうしてある程度まとまったダンボールを古紙回収業者がたいていの場合無料で集めています。

古紙回収業者はこれを製紙工場に運びます。

製紙工場では使用済みのダンボールをバラバラにしてほぐすなどし、新たにまたダンボールの原紙をつくり、それがダンボール工場に運ばれて、ふたたびダンボールができあがる、というわけです。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います