HOME >> ダンボール工場の一日 >> リサイクルフロー 1

リサイクルフロー 1

ダンボールのリサイクル率の高さは良く知られているところで、国内だけを見るとほぼ100パーセントに近い再生率を誇っています。

これには輸入品とともに入ってくるダンボールも含まれているので、純粋に日本国内のダンボール工場で作られたダンボールのみかどうかは一概にはわからない部分もありますが、それでもダンボールが高い割合で回収、再生されていることには違いありません。

これが実現しているのはダンボール工場をはじめとした、ダンボールを生産する企業、利用する企業などの努力はもちろんのこと、各地の自治体の取り組みなどのおかげです。

さらにダンボールはまたダンボールへ生まれ変わらせるために、きちんとした処分をしなければならない、という情報が行き届き、ダンボールを利用した一人一人が分別などの手間を惜しまないようになっている、ということもあるでしょう。

このようなちょっとした手間をかけることで、環境に対する配慮は実を結んでゆくことになるのかも知れません。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います