HOME >> ダンボール工場の一日 >> できること 2

できること 2

使用の終わったダンボールを処分するのであれば適切な回収業者を利用したり、地方自治体の回収にきちんと分類した形で出したりすべきだと書きましたが、処分してしまう前に、家庭でもダンボールの再利用を試してみるのも良いかも知れません。

ダンボールはカッターナイフやのり、テープなど、身近な道具を使って切ったり組み立てたりと、素人でも簡単に形を変えることができますから、おうちの中で役に立つ道具を自分で作ることもできるかも知れません。

例えば雑誌や書類、マンガ本の保管や保存には、ジャストサイズの専用のダンボール箱も売られていますが、手元にあるダンボールを使って自分で作ってみることもできるでしょう。

アイロンのかかったワイシャツの型くずれを防ぐためのケースや、靴下、下着など、こまごまとした衣類の整理整頓にダンボールを利用する人もいます。

普段利用しない食器の整理にも使えます。

きれいなダンボールが手に入ったら、楽しみながら工夫してみるのも良いかも知れませんね。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います