HOME >> ダンボール工場の一日 >> おやじの背中

おやじの背中

おやじの背中

ダンボール工場では、ダンボールが作られています。

ダンボール原紙を貼り合わせて1枚のダンボール板にして行きます。

そのダンボールの原紙はその殆どは、資源回収のダンボールから成り立っています。

つまり、あなたが何気なく出している資源ごみとしてのダンボールから、新しいダンボールが出来ているのです。

ダンボールの生産量は、GDP(国内総生産)や経済の発展に連動するといわれています。

国別に見てみると、世界第1位は中国。

これまで長い間第1位だったアメリカは、中国経済の急成長で2位となり、日本はそれにつぐ第3位になっています。

日本で1年間に生産されているダンボールの面積は約130億平方メートル。

琵琶湖の約20倍で、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の合計の面積とほぼ同じになります。

1mの幅にすると、なんと月と地球を17回以上も往復できる長さです。

「ダンボール原紙をつくる工程」

ステップ1:回収された使用済みダンボールやダンボール工場で生じたダンボールの切れ端はブロック状にして製紙工場に運ばれます。

ステップ2:パルパーで古紙を水の中でほぐして繊維状にします。

ステップ3:クリーナ/リファイナ。

砂やプラスチックなどの異物を取り除き繊維をたたいて、からみやすくします。

ステップ4:ワイヤパート/プレスパート。

長いワイヤの上に原料を吹き出し、均一に広げた後で、湿った紙の水分をしぼり取ります。

ステップ5:ドライヤパート/カレンダ/リール。

乾燥させてから表面をなめらかにします。

ステップ6:リワインダ。

原紙を所定の幅に切りながら巻き直します。

ステップ7:ダンボール工場へ。

これでダンボール原紙が完成です。

1本の原紙は1t~2tもの重さになります。

「ダンボール原紙からダンボール板を作る」

ステップ1:中芯と裏ライナを貼り合わせる。

ステップ2:片面ダンボールと平らな表ライナを貼り合わせる。

ステップ3:1枚1枚折り目をつけ切断していく。

ステップ4:商品名や会社名を印刷する。

ステップ5:折り目にそってたたみ箱にして行く。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います