HOME >> ダンボール工場の一日 >> ダンボールと古紙

ダンボールと古紙

現在、一度使われた紙、つまり古紙は大変に注目を集めています。

他の資源に比べてリサイクルがしやすく、安心な資源である古紙を利用して、従来にない新素材なども発明されています。

これらを上手く利用することができれば、むやみやたらと森林を伐採する必要もなくなるに違いありません。

そのためには私たち一人一人にもできることがあります。

古紙やダンボールを正しい方法できちんと回収に出すことです。

ダンボールと古紙は似たようなものではありますが、回収に出すときにはそれぞれ分けて、しっかり束ねておくことが大切です。

ダンボールは新たにまたダンボールとして作り替えることができますが、そこに雑誌や新聞紙などが混ざってしまうと、ダンボール工場へ入る一つ前の製紙工場での原紙製造に問題を来たしてしまいます。

使い終わった紙類は異物を取り除き、新聞、雑誌、ダンボールとそれぞれ分けてキッチリ束ねて回収に出すようにしたいところです。

少し手間はかかりますが、これだけのことでもみなが習慣づけることで環境に大きく影響するはずです。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います