HOME >> ダンボール工場の一日 >> 回収業者に依頼して処分する

回収業者に依頼して処分する

ダンボールの処分は、古紙回収業者に依頼するという方法もあります。

古紙回収業者は集められたダンボールを製紙工場に持ち込み、そこからまたダンボール工場へと運ばれ、ふたたびダンボールとして作り直される、というリサイクルフローができあがります。

もちろん、古紙回収業者や廃品回収業者だけではなく、地域の自治体による廃品回収や、スーパーマーケットなどの店舗での回収を利用することもできるでしょう。

もし、ダンボールの処分に迷ったら、市町村役場で尋ねてみるとわかりやすいかも知れません。

どこで回収して貰うにしろ、気をつけたいのは、ダンボールはダンボールのみまとめて回収に出す、ということです。

ダンボールには欠かせないガムテープなどのはがし残しや宅配便の宛名状、雑誌などの一般古紙、ホチキスの針、シールなどの異素材がダンボールと一緒になっていたり、くっついていたりすれば、リサイクルの過程で品質の劣化を招いてしまうからです。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います