HOME >> ダンボール工場の一日 >> 処分について

処分について

ものを運んだり守ったり保管したりと、様々に役立つダンボールですが、やはり繰り返し使えばいずれ処分しなければならないこともあるでしょう。

ダンボールの良い点はたくさんありますが、中でもリサイクルしやすい、つまり環境への配慮も大変行き届いているというのは、エコロジーの重要性が叫ばれている昨今、多くの方面からダンボールが注目を集めている大きな理由です。

しかしいくらリサイクルしやすいとはいえ、最終的に利用した人や企業が、リサイクルフローにきちんと乗せなければ、ダンボールのリサイクル率を維持してゆくことはできません。

そのため、家庭に置いても、企業、団体においても、ダンボールの処分については気をつけておきたいところです。

例えば引っ越しの後のように、まとまった数のダンボールを処分しなければならない時などは、多少面倒であっても、引っ越し業者にきちんと引き取って貰うというのが正しい処分の方法です。

たいていの引っ越し会社では、使用済みダンボールの回収も基本のサービスに組み込まれているはずです。


ダンボール工場の1日は情報収集にお役立てください。

ダンボール工場の中には入れませんので、このサイトに書いてある内容から想像して頂くのも楽しいと思います